●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

生産形態別の生産方式


「生産形態」と「生産方式」について説明します。


生産形態と生産方式


「生産形態」とは、「受注」や「生産」の「形態」です。
「生産形態」によって「生産のやり方」(生産方式)が異なります。


「生産形態」は、企業や、作っている製品によって、変わってきます。

「制約条件」によって、いろいろな「生産形態」があります。
一般的には、次のような「生産形態」と「生産方式」があります。


生産の計画する期間による分類

生産の計画する期間によって以下の生産方式があります。

大日程計画

「大日程計画」では、需要予測をもとに、「中期的」な「日程計画(生産計画)」を作成してゆきます。
「計画期間」は、半年とか、1年になります。
「月」単位で計画します。


中日程計画

「中日程計画」は、 「大日程計画や、お客様からの「受注」ををもとに実際に生産する「製品」と「数量」を決めます。
「計画期間」は、1ヶ月から3ヶ月です。
「週」または「日」単位で、どの製品をどれだけ生産するかを決めます。


小日程計画

「小日程計画」は、「中日程計画」やお客の注文をもとに実際に生産する「日程計画(生産計画)」です。
どの仕事をどの職場で、いつ開始していつ完了するかを計画することです。
「計画期間は「7日」「週」から「10日」「旬間)です。
「日」または「時間」単位で、どの製品をどれだけ生産するか決めます。



受注の生産の時期による分類

お客様からの「納期」や「受注から納期までのリードタイム」、「製造する側の時期」、「生産のリードタイム」などによって次のように分けられています。

受注生産

お客様からの「注文」を受けてから「生産」をおこないます。

見込み生産

前もって「見込み」で「生産」をおこない、在庫を持ち、お客様からの「注文」を受けてから「出荷」します。


品種の数と生産量による分類

製品の「品種」の数と「生産量」によって次のように分類されています。

小種多量生産

「品種」の数は少なくて「生産量」が多い生産形態です。

中種中量生産

「品種」の数は中くらいで「生産量」も中くらいの生産形態です。

多種少量生産

「品種」の数は多くて「生産量」が少ない生産形態です。


製品の流し方による分類

製品の工程での「流し方」によって次のように分類されます。

連続生産

1つの製品を「連続」して生産する「生産形態」です。


ロット生産

数個から数百個などのまとめて、「かたまり(ロット)」で生産する「生産形態」です。


個別生産

「1個」ずつ生産する「生産形態」です。



この中で、製品の流し方によって「工程管理」が変わってくる「連続生産」「ロット生産」「個別生産」について、別途、説明します。


●「生産形態」の関連ページです。


[↑一番上へ]
[工程管理の知識(ホームへ)]
09:262611