連続生産


「連続生産」について説明します。

■1.連続生産とは

「連続生産」とは、
同じ製品を同じ工程で同じ仕事を、長期間にわたり繰り返し生産する生産形態です。



■2.連続生産の例

「連続生産」の例としては、
「金属」「鉄鋼」「飲料品」「食料品」などがあります。
1つの製品を「連続」して生産します。


■3.連続生産の特徴

「連続生産」には次のような特徴があります。

  • 「流れ作業」でおこなわれます。
    最近では自動化されていることが多いですね。

  • 最近では「多品種少量生産」が増えています。

  • 「分業化」が進んでいます。
    工程が分割されて「専門化」されています。

  • 各工程の機械は「加工順序」に配置されています。
    工程間隔も近くなっています。

  • 各工程が一定速度で加工されています。
    加工品は、規則正しく次の工程へ移動しています。

  • 生産効率が「ロット生産」や「個別生産」より高くなっています。
    自動化されています。

  • 「連続生産」は、「生産統制」よりも、「工程設計」や「日程計画(生産計画)」が重要です。
    効率的な「生産ライン」を編成、構築することが重要です。

  • 「生産能力」を有効に使用するために、「日程計画(生産計画)」の作成が重要になります。
です。


■4.トラブルの例

「連続生産」では「工程管理」上、次のようなトラブルが発生します。

  • 材料の遅れ
  • 材料の不良品
  • 機械の故障
  • 品質トラブル
  • 段取りの遅れ
  • 段取りの不良
  • 作業ミス
  • 日程計画(生産計画)の変更
などです。


「連続生産」では、「流れ作業」で自動で生産される場合が多いので、トラブルによる影響が大きくなります。

それぞれについて、事前に対策をおこなっておく必要があります。
また、トラブルが起こってもいかに早急に復旧するかも重要です。



[↑一番上へ]
[工程管理の知識(ホームへ)]
10:272310