生産形態の種類


「生産形態」について説明します。

「生産形態」とは、生産をおこなう「形態」です。
「生産のやり方」です。


「生産形態」は、企業や、作っている製品によって、変わってきます。

「制約条件」によって、いろいろな「生産形態」があります。
一般的には、次のような「生産形態」があります。


■1.受注の生産の時期による分類

お客様からの「納期」や「受注から納期までのリードタイム」、「製造する側の時期」、「生産のリードタイム」などによって次のように分けられています。
  1. 受注生産
    お客様からの「注文」を受けてから「生産」をおこないます。

  2. 見込み生産
    前もって「見込み」で「生産」をおこない、在庫を持ち、お客様からの「注文」を受けてから「出荷」します。
です。


■2.品種の数と生産量による分類

製品の「品種」の数と「生産量」によって次のように分類されています。
  1. 小種多量生産
    「品種」の数は少なくて「生産量」が多い生産形態です。

  2. 中種中量生産
    「品種」の数は中くらいで「生産量」も中くらいの生産形態です。

  3. 多種少量生産
    「品種」の数は多くて「生産量」が少ない生産形態です。
です。


■3.製品の流し方による分類

製品の工程での「流し方」によって次のように分類されます。
  1. 連続生産
    1つの製品を「連続」して生産する「生産形態」です。

  2. ロット生産
    数個から数百個などのまとめて、「かたまり(ロット)」で生産する「生産形態」です。

  3. 個別生産
    「1個」ずつ生産する「生産形態」です。
です。

この中で、製品の流し方によって「工程管理」が変わってくる「連続生産」「ロット生産」「個別生産」について、
別途、説明します。



[↑一番上へ]
[工程管理の知識(ホームへ)]
12:020710