小日程計画


「小日程計画」について説明します。

「小日程計画」は、「中日程計画」やお客の注文をもとに実際に生産する「日程計画(生産計画)」です。
どの仕事をどの職場で、いつ開始していつ完了するかを計画することです。
生産の順序などを決めます。
工程別に計画を作成する場合もあります。
「作業日程計画」や「生産順序計画」「作業指示」とも呼んでいます。


■1.小日程計画の目的

「小日程計画」には、次のような目的あります。

  • 作業者や機械などの「稼働率」の最大化

  • 「仕掛在庫量」の最小化

  • 「生産リードタイム」の最小化

  • 「納期遅れ」の最小化
などです。


■2.小日程計画の特徴

「小日程計画」には、次のような特徴があります。

  • 「製造工程別」に、生産すべき「品目」と「数量」「生産順序」、「完了日」「機械」「作業者」などを決める場合もあります。

  • 「時間単位」の詳細なスケジュールになります。

  • 「小日程計画」に従って「作業手配」や「外注手配」などがおこなわれます。

  • 「小日程計画」では、「ガントチャート」「PERT」「MRP」「ジョブショップスケジューリング」などの各種スケジューリング手法を使用する場合もあります。

  • 「計画バケット」は「日程計画(生産計画)」を計画する期間です。
    「小日程計画」は、一般的に「日」「時」単位の計画を作成します。
    「月次単位」や「週次」の「中日程計画」を日時に分割します。

  • 「計画期間」は、どのくらい先まで「日程計画(生産計画)」を作成するかです。
    生産形態にもよりますが、「1日」先から「1週間」先くらいまでです。
などです。


■3.小日程計画の立て方と制約条件

効率的にかつ「完了日」(納期)を守れるような「小日程計画」を作成する必要があります。

次の「制約条件」を考慮します。

  • 標準時間
  • 生産期間(生産リードタイム)
  • 稼働カレンダー
  • 稼働時間
  • 段取り・切り替え時間
  • 機械・設備能力(生産能力、工程負荷計画)
  • 治工具の有無
  • 作業者数
  • 進捗情報
  • 汎用品の場合は仕掛在庫を考慮します。

などです。



[↑一番上へ]
[工程管理の知識(ホームへ)]
10:272310