工程管理の目的


何のために「工程管理」をおこなうのでしょうか?

「工程管理をおこなう目的」について説明します。

「工程管理」には、次のような「目的」があります。
  1. 製品の「品質」を維持するためです。
    お客様の要求にあった「品質」になるように加工する必要があります。
    お客様の要求にあった製品を納入することにより、継続的な受注が可能になります。

  2. 「納期」を守るためです。
    お客様と約束した「納期」に納品する必要があります。
    お客様から信頼され、販売活動が有利になります。
    生産活動が安定します。

  3. 「生産期間」を短縮するためです。
    「生産期間」とは、受注して生産を開始してから完成品生産するまでの期間です。
    「基準日程」や「生産リードタイム」とも呼びます。
    短縮する必要があります。
    「生産期間」を短縮することにより、お客様の納期に対して対応が容易になります。
    販売活動が有利になり「受注生産」が可能になります。

  4. 「生産性」を上げるためです。
    「生産性」や人や機械の「稼働率」を上げる必要があります。
    「作業能率」の向上や「製造原価」の低減ができます。

  5. 「仕掛在庫」を低減するためです。
    「仕掛在庫」の低減をおこなう必要があります。

    「加工」の「停滞時間」を減少させることにより、「仕掛在庫」を、減少させて生産期間を短縮することができます。
    在庫が減ることにより「キャッシュフロー」が改善します。
    「原価」の低減もできます。

  6. 「製造原価」を下げるためです
    「生産性」を向上させたり、「仕掛在庫」を減らすことにより、「製造原価」を下げることができます。



[↑一番上へ]
[工程管理の知識(ホームへ)]
10:272310